傷んだ髪に自宅でできること

セルフケアで美しい髪を目指そう

おすすめリンク

西海岸をイメージした吉祥寺の美容院は居心地が良い

西海岸をイメージしたインテリアは不思議と居心地が良く安心します。吉祥寺の美容院でも体感できます!

茨木市のおすすめの骨盤矯正できるお店

骨盤矯正できる茨木市のお店をご紹介。評価の高いお店で体の歪みをしっかり整えていきましょう。

通いやすいメンズ脱毛

メンズ脱毛はもう支流?カフェ気分で毎日通いたくなる雰囲気のメンズ脱毛店で清潔感を手に入れよう!

髪の毛に栄養を与えて元気にしよう

髪の毛はたんぱく質からできていますが、神経や血管が張り巡らされていないため、肌や筋肉とはちがって一度生えてきたものには体から栄養が運ばれるということはありません。
髪の毛の元となるのはたんぱく質が主成分ですが、ほかにも水分や脂質などが含まれており、これらが髪の毛の質感や艶などに影響を与えています。
一方で、髪の毛は外部からの刺激を受けます。
ヘアカラーやパーマなどでは薬剤や熱を使って髪の毛のたんぱく質の構成に影響し色や形を変えていくものですが、これらは髪の毛にとっては刺激であり、負担になります。
また、日々の生活でも風によって髪の毛が大きく絡まってしまったり、乾燥して静電気をまとってしまうということも負担になります。
髪の毛が刺激を受けると、髪の毛に含まれていた水分や栄養素が抜けてしまいます。
先ほど言ったように、体から水分や栄養素が補給される事は無いため、そのままにしていると髪の毛はぱさぱさに傷んだ状態になってしまいます。
こうした傷みに負けずにヘアアレンジやロングヘアを楽しむためには、適切なケアをしていくことが必要です。
日々のシャンプーやトリートメントの種類ややりかた、髪の毛の乾かし方やトリートメント剤の選び方など自分の髪質や髪の悩みに合わせてケアの仕方を考えていきましょう。
ただし、ケアにも限界があるため、あまりにも傷んでしまった髪の毛は切るほかないということもあります。
傷みすぎる前に、自宅やサロンでのケアを施し理想の髪質をキープできるようにしましょう。